【django】 一つ前のページに遷移する方法

Django

WebサイトやWebアプリを作る際に
遷移する前のページに戻るための「戻るボタン」

この「戻るボタン」を作成する際にどうしてますか?

一つ前のページのURLを持ってきて
<a href=”https://www~~”>なんてひとつずつ書くのは
とても手間がかかり、めんどくさいですよね。

そんな時にJavaScriptで対応する方法と
djangoで対応する方法があります。

ここではdjango での「戻るボタン」のための対応方法を
紹介していきたいと思います。

前のページに戻る方法

とても簡単で、一つ前に戻らせたい箇所の
HTMLに以下を打ち込むだけです。

<a href="{{request.META.HTTP_REFERER}}">前のページに戻る</a>

ここの”request.META.HTTP_REFERER“がポイントです。

前のページにする”request.META.HTTP_REFERER”

ここではrequestオブジェクト内部にある
“META.HTTP_REFERER”を使ってます。

このMETA.HTTP_REFERERには
リファラページの情報を持ちます。

リファラページってなに?と思いますよね。
リファラページとは直前まで閲覧していたページのURLのこと。

このリファラページ(直前までのページのURL)を
request内に保存しているため
request.META.HTTP_REFERERだけで
直前のページに戻ることが可能です。

まとめ

前のページに戻る時は、URLを打ち込むよりも
テンプレートのHTML内に以下を入力しましょう。

<a href="{{request.META.HTTP_REFERER}}">前のページに戻る</a>

今回は簡単ですが、これで終了です。

まだ、余力があるので、もっとdjangoを
勉強したい方におすすめの書籍を紹介していきます。

djangoをより学ぶなら、この本がオススメです。
(他のサイトでもオススメされてますが…)

djangoの基礎から細かな箇所まで書いてあり
実際にコードを書く上でも非常に参考になります。

では、以上です。

タイトルとURLをコピーしました